募集をこういう風にしてみよう

サルでもわかるバンド基礎講座

アップ記事

バンドを組もう!

カテゴリー

関連サイト

はじめまして

募集をこういう風にしてみよう

メンバーの補充の記事をどんな風のために書かなければならないかについて、例に本当に教えます。
立川に住んでいることは、高校2年生です。○(バンド名)ドラムにするのが好きである○
あるいは、一緒にバンドをしません?私は、ドラムは1年です。

私は、「○○(バンド名)」のコピー・バンドを運営したいです。
私は、現在ベースとキーボードを上げます。私は、日夜、フラットに松本市で、活動をしでます。
年齢はおよそ20-25才で、中級くらいの人を望みます。」


私は、「○○(バンド名)」のコピー・バンドを運営したいです。
我々は、Vo(25 23 21 29♀)G(♂)G(♂)Dr(♂)です。)私同じ年齢についてのBaとキーを引き上げます。
そこにいる中間の人々において、中ですべてのメンバー・ライブ経験、土曜日と日曜日は休みです。
長い間首尾よく行動へ移動することができるバンドを狙います。運動場所は、名古屋駅近所です。」

という風に募集をかけます。
かける場所はどこでも構いません。

例えば今は、SNSやブログが主流ですので、どこかの掲示板に貼っておけば投稿がくるでしょう。
しかし、閲覧している人は数えられないほど、応募が来ることも覚悟しないといけないですね。
copyright(C)サルでもわかるバンド基礎講座